基板の試作

こんばんわ Gomatarouです。

ちょっと開発者時代の話を書こうと思います。

私は、ハードウェアをやってましたので、回路を引いて、それを他の部署の人がアートワークしてプリント基板のイメージにしてくれます。

量産基板の前に、当然ですが、試作基板を作って動作検証、デバックなどを行う必要があります。回路にもよりますが平均3回程度のやり直しになるんではないでしょうか。

私は、試作基板をエルナーかキョウデンに出してました。値段的には、エルナーのほうが若干安いんですが、だいたい4営業日ぐらいかかるんですね。キョウデンはいくつかプランがあってお金を払うと特急とか、超特急みたいな感じで2-3営業日で仕上げてきます。

1-2営業日の差なんですが、開発工程を考えると1日でも時間に余裕がほしいというのが実情なんですね。製品自体は6-8か月ぐらいの開発スパンですが、ハードにかけれる時間は2-3か月程度です。1営業日というのは結構大きいんです。

試作基板の費用っていくらぐらいだとおもいますか?

だいたいですけど、6層基板、1.6㎜厚、150㎜×100㎜、枚数20枚でたぶん20-30万ぐらいだったと思います。当然、層数が増える、板厚が薄くなる、サイズが大きくなる、枚数が増えるなどすれば価格は上がっていきます。

これは、あくまで基板を作るときに試作工程を流すので高くなってるだけで量産基板だと全然値段は安くなります。

まあ、こんなこともやらなきゃいかんわけです。

P.S

先週、とある有名企業に転職した元同僚の後輩と飲みに行きました。僕は、この人には学校の出もいいし、転職したほうがええぞと言ってました。開発スパンも数年レベルなんで、ほんとにハードウェアが好きな人にはじっくり取り組めてうらやましい限りです。そこでシャープの部品とか選定したりすんのと聞いたら、一言「しません」とのことです。結局、数年レベルの開発スパン、製品出荷後の部品の保守(たぶん10年程度)を安定供給してもらわないと困るわけです。2-3年後どうなってるかわからないメーカーの部品を選定するというリスクを開発者及びその上司がとるはずがないんですね。よっぽど世界にそこにしかない部品だったら別ですけど。

私が、開発者であっても同じ結論に達すると思います。

以上

 

 

 

 

 

 

5月収支

こんばんわ Gomatarouです。

5月収支 +500万

5月は、相当だめだなと思いました。日経は約1000円上がっててこのパフォーマンスの悪さ、相場を見切れない着眼点の悪さ、全く持ってダメです。プラスだからいいというものではなく、これは拾わせてもらっただけです。利益のほとんどは、5月1週目だけで3週間はずっとバカな感じでした。

悪い点を書くと

1.東証1部のコア銘柄が強い場合、新興のように2日で20%上昇とかほとんどないわけです。そうするとある程度ロットを入れて若干長めにトレンドを取らないといけなくなります。私は、レバを全然かけないのでこのロットを入れるという部分が自分にとってストレスになります。ロットを入れる→下がる→損切りでもトレンドがあるので結局上がるという悪循環で結局よくわからない銘柄で値動きだけを追ってやり始めます。

そうするとさらに悪くなってイラつくという悪循環

2.自分が乗れてないと安易に空売りをしてちょっと儲けようとかしても結局うまくいかない。今の相場買い難いから、売りでなんていうことをやるとだいたいダメですね。だいたい買い難い、売り難いときにその方向に張らないとうまくいかないんですけど、それをわかってるんだけどやっちゃうんです。

6月日経が上がるのか下がるのかわかりませんが、5月と同じように自分で納得いかないパフォーマンスだったら旅に出ます。

以上

 

 

 

 

 

 

Internet of things

こんばんわ Gomatarouです。

いま、市場の一つの話題としてIoTがあります。結局いろんなものをネットにつなげて考えれるようにしようということだと思ってます。

エアコン、冷蔵庫などなど今までつながってなかったものをつなげるということです。

そうすると何が問題になるかというと、どうつなげるかというのが問題になります。

無線LANでいいじゃないというのも一つの考えです。確かに無線LANは電源を取れる家電であればそれでまったく問題ないと思います。家電に無線LANを組み込むとしてどうするかというと、家電メーカーは当然無線に関する技術力はあります。しかし、その家電部門に無線回路を作る技術があるかどうかは別問題です。そうするとどうするかというと、無線モジュールなどを組み込む形になるかと思います。アンテナを作るのは難しくないんですが、その部門に技術者がいなければどこかから買ってくることになると思います。

もう一つの問題は、センサーなどAC電源を持たない機器はどうするのという部分です。センサーなどは基本電池で駆動します。そのため無線通信する部分の待機電力、送信方法など相当抑えないと電池を消耗しまくって1か月で電池交換必要なんてことになりかねません。

待機電力は、製品単位でマイクロアンペアオーダーに抑える必要があるでしょう。

そうすると今の無線LANがどこまで抑えれるかわかりませんが、2年前の無線LANだとちょっと話にならないレベルなので、それ以外の通信方式というのも視野に入る可能性があります。例えば920MHz帯を使った通信などです。しかしながら、この部分をどういう規格でどういうプロトコルで通信させるかという問題が出てきます。

私が辞める前も結論が出てませんでしたが、いまだにその部分の解が出てないような気がします。

結局センサー類はとりあえず置いといてAC電源を使う家電で無線LANで通信させるところが一般解なのかなという気がします。

920MHz帯で通信なんてことになるとHomeGateWayにもそういう親機としての機能も必要になってきます。

外部から家電を制御するというのは、2年前パナソニックが外部からエアコンを操作する製品を発表した時に、経産省とひと悶着ありました。電安法がらみだったと思います。今はその部分はクリアされてたと思いますが、新しいことをやろうとすると意外なとこからよこやりが入るときもあるんですよね。

以上

 

 

 

 

 

 

 

沈みゆく企業

こんばんわ Gomatarouです。

もう前から沈んでますけど、シャープのことです。

私の奥さんも、もうやばいんじゃないのとか言ってます。主婦レベルまで話が分かる感じになってんだなと思いました。私は、トレードしてますので、ずいぶん前から株価的にシャープはあかんなと思ってますが、これが主婦レベルということは、家電を買うときにシャープをわざわざ買う人はどんどん減ってくきますよね、たぶん。

白物家電なんて買えば5年以上はだいたい持ちますから、故障した時にメーカーが無くなってるかもしれないから、ユーザーとして選択肢からは外れていく傾向になります。うちは、確か洗濯機とエアコンがシャープ製ですね。でも次に選択するかといわれると、う~んという感じです。

シャープは液晶、太陽光パネルなどといわれてますが、どちらも最後は値段勝負で叩かれる製品群なのかなと思ってます。中国メーカーのスマホなんか値段勝負なんですから、そうとう叩いてくると思います。パネル自体の知識はないのですが、IGZOなんかはどれぐらい市場優位性を保てるのという感じもします。

液晶テレビなんかも、ほぼハード的なスペック競争になってるので他の会社も当然追従可能ですし、優位性もないでしょうね。

私が、もしシャープで働いてたら、もう転職活動してると思います。優秀な人ほど先に会社を移ると思いますし、今は他の企業も業績がいいので3年前と比べれば、中途採用もされやすいと思います。転職活動は、結構エネルギー使いますんで、景気がいいときにした方がいいでしょうね。そして残っている社員は、人が減って忙しくなるわりに、給料が上がらない、そして使えないのばっかり残るという感じかなと思います。会社に忠誠を尽くすというのは美学としてはいいでけど、私はその辺割り切ってます。

昔、シャープの電子部品を何回か使ったことがあるので、久しぶりにHPを見ました。電子部品は、この部品ならこことあそこが有名というのがだいたいあります。私が使った部品でそういうので該当するのは、フォトカプラや赤外線受光素子かなと思います。

シャープの部品は直販ではなく代理店の黒田電気から買ってましたね。黒田電気は、チャートきれいですね。四季報も連続最高益とか書いてあります。私は持ってませんけどね。

以上

 

 

 

 

 

ドル円

こんばんわ Gomatarouです。

ダウは、ここ最近、上に行きたそうな雰囲気を出してたのである程度はわかるのですが、

なんかドル円も安い方向に行きたそうな雰囲気が出てるような気がしないでもない。

いいかげんなあてずっぽうですけど。

以上

 

 

ワカラナイ

こんばんわ Gomatarouです。

ちょっとここのところの値動きがどっち行きたいのかいまいちわからないです。おかげさまで、今週ほぼなんも働いてない状態です。

でもダウ見てると上行きそうな雰囲気が漂ってる気がするんだけど。

こまった、こまった。どういう狙いで気持ちを落ち着かせるか考えないとね。

以上

 

東芝とシャープ

こんばんわ Gomatarouです

月曜日は名の通っている企業が面白いことをやってくれてるイベントが発生します。

私は、2005年10月から投資をスタートさせてるのですが、99%減資というのは今回初めての案件ですので、値動きに興味があります。

ネットで見ると過去にダイエー、カネボウなどがやってるようですね。

もう一つは、東芝の粉飾なのかよくわからない案件ですね。これだけの企業が決算を予定通り発表できないというのは情けないもので役員とかやめた方がいいじゃないのとか思っちゃいますよね。

これだけ大きな企業となると、記憶にあるのは、日興とオリンパスですかね。今回東芝の調査でその子会社や東芝が大株主になってる会社の株価などがどういう推移をするのか興味あります。

東芝、シャープともチャートが悪いので基本的には、私のやる銘柄ではありませんが、仮にこれが右肩上がりで東芝のようなことをやられたらくらってた可能性は十分あります。

仮に買ってたとすれば、東芝だったらたぶん20000株ぐらい持ってると思うので、STOP安水準で80円やられるので160万ぐらいの損失を食らうことになってたと想像します。もちろんリバウンドはある程度狙うかもしれませんが、その日のうちに20000株も間違いなく損切りします。こういうケースで塩漬けという選択は全くありません。160程度であれば、痛いですが、感情をコントロールできれば、1か月以内に取り戻せそうですし、だいたいこんな感じのリスク管理です。

個人的には、99%減資のイベントが興味あります。

以上

セミナー

こんにちわ Gomatarouです。

この度、リアルトレードということでセミナーをやらせていただくことになりました。

過去2度ほどやらせていただきました。

もともとは、勝てない人の相談をしたいと思っていました。例えば、その人の実際のトレードのやり方を聞けば自分だったらこう考えます的なことは説明できるかなと思っていました。

エンジュクさんと話をして、そういう相談も兼ねてですが、実際にトレードを見せた方が理解が深まるという結論に達し、このような形で少人数のセミナーを行うようになりました。

基本、デイトレはあまり得意ではないので今どういうポジションをとれば2-3日で儲けれそうかなというのを考えてます。リアルトレードでも実際そういう観点でやることになると思います。

私は、主に前場しか見てないので、後場はどちらかといえば来ていただいた方の実際のトレードを聞いてアドバイスする方に重きを置きたいと思ってます。

私の基本的なやり方は変わらないのですが、実際にはその相場の雰囲気に合わせて、今はどちらのポジション、どの銘柄をどうするのがいいのかを考えています。相場の雰囲気というのは、その月々で変わりますのでそれに合わせてどうポジションをとるのか変える感じです。

お時間があればご参加いただければと思います。(セミナーへのリンク

以上

 

 

 

IPOセカンダリ

こんにちわ Gomatarouです。

IPOセカンダリは、前にも書いたかもしれませんが、比較的自分の手法と合います。困った時のIPOセカンダリみたいな感じでやってます。

最近のヒットは、グノシーとテラスカイですかね。

株数的にはそんなに買ってませんが、それなりに利益になりました。

グノシーは、前評判最悪だったのですが、その割には全然下げないからこれ来るんじゃないみたいな感じで見てました。1600円強く抜ければチャンスだと思ってましたのでそのタイミングで買っていって5/7に売却しました。これは、ほんと理想的な一泊二日の取引だと思いました。

テラスカイは、初値で買いました。寄り後売り気配になって、やっちまったかなと思ってましたが、株価持ち直したのでほかって置きました。板の感じがSTOP高もってけそうな雰囲気があったのというのもその理由です。翌日は寄らずで、昨日寄りで売りました。これも理想的な2泊3日だったと思います。

IPOセカンダリは、株価の推移に勢いがつくときが多いのですが、時々その勢いがわかるときがあります。もう少し、条件分けできると精度が上がりそうな気がします。

今月はこの2銘柄に助けてもらいました。

以上

 

 

 

 

最近の相場

こんばんわ Gomatarouです。

2015年と2013年ともに指数は、強いんですが中身は結構違ってます。

2013年は、指数以上にマザーズのゲーム、バイオ、不動産流動化、消費者金融などめちゃくちゃ強かったのでそういう銘柄を1-3日持ち越すだけで結構な利益になりました。

2015年は、ど真ん中の銘柄は強いんですが、新興系の銘柄はさっぱりです。それでも循環のおこぼれ的に4月に買われたりしてますが、多少です。ど真ん中の銘柄だと持つ日数も多少長めでロットをある程度入れる必要があります。そういう点で我慢がいつもより必要な感じです。また、新興系に関して今年は、ガンホー、ミクシーのようなヒーロー銘柄は出てないと思ってます。

最近は、さすがにすでに上がったしまった銘柄、例えばエーザイやファナックのように、高くよりついてさらに空売りを巻き込んで上昇するという勢いはなくなりつつあるのかなと思ってます。それは、最近のファナックの値動きなどを見てそう思いました。

でも、今度は、出遅れてた日本電産、デンソー、アイシンなどが強い動きを見せてます。

特に、デンソー、アイシンなどはいつも場中発表で発表後急落という動きが多いのですが、今回のような値動きは初めて見るかもしれませんね。

同じ指数上昇でも中身は常に変わるので、前と同じ感覚で固執してもうまくいかないこともよくあります。そういう時は、もうちょっと広く見てかんがえる必要があるかもしれません。

決算期は、発表後の翌日の寄り付き価格で結構ぶれるときが多いので、ある意味逆張りのチャンスではあります。その時、入ることは全くいいのですが、逆張りなので当然巻き込まれることもあります。その時のリスク管理だけは注意しないといけません。ただ私は、決算持越しは基本しません。(よっぽど前から持ってた銘柄でない限りですが)

以上