アキュセラについて

こんばんわ Gomatarouです。

今日は話題のアキュセラについてです。

私は、楽天証券しか使わないので、詳しいことはわかりませんが、楽天だと現物でしか建てれません。Twitterで見る限り信用が建てれるとこはそう多くなさそうな感じなので、全力2階建てみたいなかんじではないかなと思ってます。

しかし、売り圧力が800万株の320億程度なんで当分寄らないと思います。

私も昔、2006年ごろ? IXIという会社が上場廃止になったのですがそれを1株 20万ぐらいだったと思いますが、もってて捕まったことがあります。その時思ったのは、当時そこまで資金400-500万程度でしたが、最大損失20万だからさっさと損失確定させてくれという思いが強かったです。損失が確定できないというのは結構ストレスなんですよね。

アキュセラは、最初にStop安する日にいじってましたが、7500か忘れましたが程度でもみ合いから下放れするほんとちょっと前に売ったので紙一重という感じです。

こういう時考えてもらいたいのは、自分だったらこういう銘柄でいくらのポジションを張ってる可能性があって、こういう状況に陥ったらどれだけの損失を抱えていただろうかということです。私は、アキュセラは1000-1500株ぐらいしかポジションをとらないので最大でも1000万ぐらいのやられだったろうなと想像しています。

他山の石ではないですが、今一度、自分のポジションサイズなどを当てはめてみてこれで破たんするようであればリスクのとり方に問題があるかなと思います。

アキュセラに関しては、インサイダーの疑惑やTwitter上で妙に買いあおってた方もいらっしゃるようで、そういう人たちはほんとちゃんと調査してほしいなと思います。

少なくともデイトレーダーの方たちであれば、あの動きはどっかで損切りないしは逃げてないとそもそも手法として問題があると思いますし。デイトレーダーで掴まった方は正直同情の余地はないですが、長期保有の方たちは、気の毒に思います。

以上

 

 

 

収束気味

こんばんわ Gomatarouです。

日経はだいぶ収束気味ですね。こんな値幅がいつまでも続くわけはないので、どちらかにはじけるのを待つしかないんです。

そのタイミングが、伊勢志摩サミットの終了後か、イエレン講演後かはわかんないですけどね。

日経を売り買いするよりは、原油かダウのほうがパラメーターが少ない分やりやすい気がします。

ここでいうパラメーターっていうのは、

伊勢志摩サミット後に消費税延期、衆院解散とかあると日本株は上

イエレン講演で金利上げ示唆だと、円安(日本株上)、ダウ安(日本株下)、原油安

ってなると思ってます。日本株を序受けさせるパラメーターは3つあるのに対して、ダウ、原油は一つなんで考えやすいかなってとこです。

何がやりやすいかということも考えてるんです。裁量トレードですけど一応ね!!

以上

マザーズ

こんばんわ Gomatarouです。

ちょっとマザーズの戻りが鈍いのが気になりますが、いちおう明日引けでそーせいの増し担保が切れる可能性があるのでその点がどう作用するかというとこでしょうか。

こういう勝負は恐怖心もってリスクをとってリターンを得るパターンなんであんまし好きじゃないんです。

僕が好きなのは、例えば昨日ですが、原油先物を売りで49.5、50でさしっぱにしておいたら49.5が約定してて、今日返済しましたが、そういうほぼ勝ちが確定してるようなポイントで勝負するのが好きなんです。

似たようなことはダウ先で18000ドルの時でもやってましたけどね。

鉄火場の勝負はほんとむつかしいんですよ。

それでは

 

いまはどれがいいんだろう

こんばんわ Gomatarouです。

ちょっとダウも日経も動きがなくなってきてやることない感じです。

マザーズが一番動いているんですが、鉄火場と化しているんで、なにか一日間違うとえらいけがさせられそうですし。。。

原油が50ドル載せのファーストアタックは売ってもいいと思うんですけど、それぐらいかな~

あとは、公募を地味にもらうか、もしくは、マザーズにインするかですね。

マザーズインするんだったら、反発するとおもうのならそちらに一貫してかけて、リバウンドを狙う感じでしょうか。下手に買ったり売ったりすると逆になにもとれない可能性があるので、一定水準行ったらあとは目をつむって買うしかないかと思います。

ロットは抑え目で、何分割かできる程度にしておいて、今月のプラス分をかける感じでしょうかね。

以上

 

 

 

 

もう一つ注意しておくこと

こんばんわ Gomatarouです。

気を付けていたもう一つの理由は2013年にガンホーが崩れたのがちょうど同じような日付だったというのもあります。

もう一つ注意しておくことは、起きるかどうかは知りませんが、日経平均はその1週間後ぐらいに崩れています。当時と株価水準も違うし、参考程度ですが、そういうことも起こり得ることは頭に入れておいたほうがいいと思います。

キャプチャ

とりあえず当時のマザーズ指数は二日で20%下げて二日目にいったん反発してます。

1000ポイント手前ぐらいまで一瞬でも行く水準ですね。

こういうのも見ておいたほうがいいと思います。

以上

鉄槌

こんばんわ Gomatarouです。

これは、アカン一撃が来ましたね。

今日のヤツは寄付きStop安の銘柄を持っていなければ、回避可能だと思います。

そーせいが24000円を割ってブランジスタが怪しくなった時に、その可能性を考えなければいけない場面です。

明日、もう一撃来ると、明後日あたりに買い場という妄想をしてます。明日か、明後日か、これは、値動きを見ながら判断するしかなさそうです。

その声が聞こえるか、その時に勇気があるかが勝負の分かれ目だと思ってます。

久しぶりに、後場も張り付くかもしれません。

以上

 

 

だいぶ読めないです

こんばんわ Gomatarouです。

このドル円、ダウ、日経、原油の動き方が何をベースに決まってくるか最近の傾向がずれててよくわからないです。

ですので、東証1部とかでどういうポジションをとれば儲けにつながるのかもいまいちわからないというそんな状態が続いてます。

今日上がって、明日下がってみない感じだと、削られるんですよね。

今はほんとわからないです。困ったもんだ。

以上

イベントがない

こんばんわ Gomatarouです。

セルインメイとか言われる季節ですが、アメリカに限って言うと今月ってなんもイベントがないなあと感じました。

どちらかというと6月のFOMC、イギリス国民投票があるので、そちらのほうが重要です。

そうすると株式市場的にほんとに5月に売りが来るのかと言われるとうーんという感じです。確かにファンドの売り程度は来ると思いますがそれだけなら多少の調整の範囲で終わってしまい、6月警戒というとこではないかと思います。

5月にあるとすればアメリカの指標が強すぎて利上げの可能性浮上の場合だけのような気がしますが、今のところ平穏です。

なんて思っちゃいました。

 

ちょっと合わない

こんにちわ Gomatarouです。

ちょっとここ二日合わない感じです。

今日なんか特に、アイデアがなければ何もしなくてよかったのに、ほんとバカだなっておもいます。

合う合わないなんて、一年通せばどうしても発生してしまうのでしょうがないんですが、そこをどうやりすごすか(ごまかすか)が重要なんですけどね。

まあしょうがないです

 

雇用統計

こんばんわ Gomatrouです。

5/6に雇用統計の発表がありました。

数字は予想より弱かったのですが、結局ダウは戻りましたね。

ダウが戻ったことから、雇用統計弱い → 利上げ遠のく → 好感 という線が生きてるのかなという気がしました。

そして指数が弱かったわりにドル円は結局円安方向に来てます。これは、いままでの傾向から行くと矛盾してます。ただ、こういう値動きをするということは、今はその時期じゃないのかという気がしてきます。

日経は16000円で妙に強いし、5/26に伊勢志摩サミットあるしで、意外と売りの賞味期限は短いかもしれんなぁという感覚を抱いてます。今感じるのは、売りは遅くともSQまでで、今週でも値動きみて買いを入れないといけないなと思ってます。

すくなくとも暴力的な売りが出る雰囲気はないです。

あとは、5/13のそーせいの決算はちょっと注意ですね。こいつは主導株ですから。

以上