Pokemon Go その後

こんばんは Gomatarouです。

まあ、関連銘柄を今日もトレードしてたのですが、前日段階での考えは昨日書いた通りでした。

ポジションとしては、売りも買いも両方持ってたので、それに加えてトレードをしたわけです。

エレコムを寄りで買いに行ったらレーザービームのように下げて戻らなさそうだったので、これは全売りというイメージに変わりました。

空売りは、そのまま残して、買いは、適当にクローズ。新規で妙に下がってない二銘柄を空売りして、継続中です。

あと、任天堂は定番の寄付き買いもしています。

前日の考えに対して。どの時点で判断を変えるか継続かというのが、一つのポイントで、今日はエレコムの動きを見た瞬間にやばいなこれという感じでした。

以上

Pokemon GO

こんばんは Gomatarouです。

私も、PokemonGo金曜日にインストールして、やってました。週末は、それらの記事とかみながらいろいろ考えてました。

あくまで私の任天堂とその関連株に関する考えなので全く責任は持てませんけどね。各自自分の考えでやってもらえればと思います。

任天堂が金曜日に収益への貢献があまりないというリリースをして、ADRはマイナス3500円ぐらいになってますが、任天堂以外の株は下がるものもあれば関係なく買われるものもあると思ってます。ただ、リリースしてすごい多くの人が使ってるのは事実なので実需が発生する連想が働くものは買いかなと思ってます。

このアプリは、夜間徘徊する人が明らかに多くて、ポケモンゲットしたり卵孵化会えるのにアプリを常に起動して表示させとかないといけません。

・バッテリーの消費が尋常じゃなく早いですね。体感でIphone6で3~3.5hでバッテリ使いきっちゃう感じなので、モバイルバッテリは必須ですね。ということでこのあたりの株は普通に上がりそう。

ただ、私が前に勤めていた会社もバッテリ―関連で買われていて(私はこの株は売買しませんが)、だいたい売価に対する原価とかわかっちゃうし、やろうと思えば売り上げに対する貢献度とかもイメージしようと思えばできてしまうので、最終的には下がるんだろうなと思ってます。思惑で上がっているうちが花というかんじで5日線割ったら終わりですね。

・アプリを動かしとかないといけないので、その端末は実際それ以外に使えないというのが正直なところですので、もう一台という需要はありそうなのと、通信を常にしているので格安SIMへの需要連想はありそう。

・深夜に公園でポケモンハントしたりしてるので、コンビニの売り上げよりかは、普段で歩いてない人が出てるし、暑い時期なので飲料とか虫さされ系とかは妄想レベル

・これ常に出歩いてつけっぱなしだし、歩いて帰ってからパズドラやモンストやる気にはなんないと思うんでつらいでしょうね。

・ミツミ、ホシデンとかは、ちょっと無理あるでしょっていうイメージ。これは、PokeGoに直接関係ないけど次期ゲーム機への期待も入ってるんでしょうかね? ホシデンとかとくにコネクタ屋ですからね。FDKは、なんかやってた?ってレベルなんでこれも無理。

・マックは微妙。400店舗がジム設定だけど、その他はポケストップ。店舗入らなくてもジムで戦えるし、集客=売り上げにつながるかってとこですけど、Twitterで店舗の込みぐあいの様子とかツイートしてるのを見るとうーーんという感じ。時価総額考えると買いよりかは売り目線。

いずれにしても暴騰系の銘柄は5日線割ったらすべて終わるんで注意してくださいね。

ただ、任天堂に関しては、5日線割った後、横移動するようなら買い目線ですから。

PokeGOがいくら面白いといっても、夏休み終わったらどうなるか?というのと、寒い時期になったら外でやる人いるんだろうかと思っちゃいます。任天堂にとっては、PokeGoは次のスマホゲームと次世代ゲーム機への布石程度の期待なんでしょうかね。とにかく、世界規模の宣伝効果はすごいと思いますんで。予定されてるスマホゲームのファイアーエンブレムなんかは、もともと人気のあるゲームだし、これは出たら僕もやりたいですから、期待値は上がりますよね。というわけでDeNAも目が離せないですかね。

ただ、PokemonGoは、そういう投資家としての儲けを度外視すれば、精神病の患者を劇的に改善させたとか、できなかったことを一日で変えてしまったという意味で、開発チームの方たちとかほんと賛辞を贈りたい気分です。プレッシャーは出してからのほうがさらにすごくなってると思いますし。。。

電力会社の知り合いと話ししたら、金曜日に警戒レベルの一斉メールで出たといってました。官房長官で重要施設の安全性に言及してたぐらいだから、入られちゃいましたじゃ経産省から大目玉もんですからね。電気ポケモン(もちろんピカチュウ)が発電所の近くででたらやばいみたいな感じです(笑)

ここまで大事だと政治的な部分も出てくると思いますので。任天堂もリリースするタイミング、時間なども伝えてたと思います。(妄想)

これだけの株式イベントはそうないので、面白いといえば面白いですね。

以上

ARM買収

こんばんは Gomatarouです。

正直いって、このニュースは相当びっくりです。

ソフトバンクが、火曜日に買われるか買われないかはわかりませんが、巨額買収でどちらかというと下がるんじゃないかと予想。

私が会社辞めるときは、組み込み系のCPUのコアは、x86、MIPSなどありましたが、モバイル系の低消費電力だと圧倒的にARMコアが使われてました。今も変わってないと思います。それぐらいARMの買収は、驚きです。ただソフトバンクがハード系の会社を買うことにどれぐらい意味があるのかはわかりませんが。。

しかし、ARMを買収ってすごいし、3兆円越えの買収金額もスケール違いすぎます。

結構巨額買収で円安方面に動いたりするんで、それも要注意ですね。。

以上

VーCOM2さんの映像を見た感想

おはようございます。 Gomatarouです。

昨晩、いま無料で観れるVーCOM2さんの映像を見てました。10分ちょいの映像なんで見やすいです。

VーCOM2さんにはセミナーの懇親会で挨拶させていただきました。

映像はこちら

私は、全然やった事ないジャンルなのでどういうものなのかなって感じで見てました。

結構その人の性格によるとは思いますが、サラリーマンでザラバをほぼ見れないとか、短期スタンスでガチャガチャやりたくないもしくはうまくいかないなど時間軸長めにしたい人はあってるかなって思います。

どうしても短期で稼ぎたいという人の方が多いのは分かりますが(私もそちら側ですけど) 、結構疲れるのとアルゴやらほんとうまい人やらいるんでそこで勝ち続けるのは難しいものです。あと短期スタイルはロジックじゃなくて感覚的要素(あっ❗️ これ買いだ みたいな)も必要になると思ってます。

そういうのよりかは、こういうロジック重視のやり方で、該当する銘柄を買い付けて寝て待つというのも、実際にそれで1億いってるわけですから、ぼく的にはアリですね。

儲け方は一つじゃないですから。

やり方がすでにある人は、自分のやり方にミックスすればイイともいます。私が思ったのは、暴落時の銘柄リストとし該当銘柄をあらかじめ探しておいて買うかなって思いました。

資金効率という言葉が嫌いというのもいいと思います。効率が良くないとダメと誰が決めたのか。儲けてればそこは問題ないと思ってます。

以上

 

任天堂 ポケモンGO

おはようございます Gomatarouです

ポケモンGOの売買代金が4000億越えというとんでもない事になってます。

これだけの流動性があれば、当然、資金の多い人も入り安いので盛り上がりますね

これだけの時価総額の銘柄がこういう上がり方をするのは、投資始めてから初めてのような気がします。

 

私は2日目に売りで入って損切りしましたが、そこからは買い目線に変えたので、大被害というわけではないですが焼かれた人がいてもおかしくない値動きです

パズドラですらアメリカでうまくいかなかったのが、いきなりセルランNO1 は凄すぎというのと

2日目に空売りしたのですが、注文入れるときに、やや嫌な予感はしたんですね。なぜ2日目もそんなに買い気配になるのかと。

そういうのもあって考えを変えました。

日本でリリースされた日の値動きで一旦出尽くしになるか決まると思うので注意が必要ですね。

以上

 

 

 

新高値ブレイク投資術 読了

こんばんは Gomatarouです。

Dukeさんの書いた本読み終わりました。

いろいろ論評はされてると思うので、成長株投資的な感想ではなくて、私の手法、時間軸から見た感想を書こうと思います。

僕のイメージは、Dukeさんは、ふりーパパさんの流れを汲んだ(一番弟子みたいな感じ)というとらえ方でしたが、相当それにアレンジを加えている感じがしました。例えば、大塚家具の部分なんかは、だいぶ違う印象ですし、資金管理の部分も結構ルール化されていて。ふりーパパさんはもっと感覚に近いイメージ(ごめんなさい)があるので、そこも違うのかなという気がしました。

なんでしょうね、シナリオライターに近いイメージでした。

私の手法から見た感想としては、やっぱ努力されてる印象で、日々のルーチンなんかは参考になりました。僕も日々のルーチンを決めなきゃと思っているので、株探などの部分は、参考になりました。

あと、長いもみ合いの続いた銘柄のブレイクアウトは信頼できるという部分も、私の経験と一致しますし、上げれば上げるほどブレイクアウトの信頼度が落ちるのもうんそうだねという感じです。ここら辺は、各ボックス圏でどういう買い方をするかというところの工夫になるのかなと思います。

自分の手法が定まってないのであれば、この本を購入して、このまんま、本に書いてある通り、まずは過去の事例を洗い出して、それがどういう経常利益推移であったかなど見てと、数字が頭に入るので、たぶん見えなかったものが見えてくるようになるような気がします。

本にも出てたダブルスコープがさしたる理由が明確ではなく下がってます。こういうのは、結構危険な兆候なので、テクニカル的に勝負することはあっても、ファンダ的な買いはやめたほうがいいということなんでしょうね。結局誰かが明確に売って来ないとこんな下げ方は通常しないものです。それを値動きと経験から理解するか、開示情報みて理解するか、理解の仕方は人それぞれなんですが、私の場合は、前者です。別にその理解がなくても、本に書いてある、逆指値を上げていってれば、どっかの段階で勝手に利益確定されてるんでしょうね。

逆にディップは、3000円を上値にボックス推移で、意外とチャートが粘ってます。ここ超えると、本でいくと、モノタロウタイプかもしれませんね。

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

億越え方程式8を読んだ

こんばんは Gomatarouです。

今月は、自粛月間なので家でシャンパン飲みながら、今日届いた、億越え方程式8を読んでます。

自分の内容は知ってるので、いいとしてほかの人の部分を読んだ感想です。

まあ、自分がよく知る人の章は、ちょっとお前気取りすぎじゃないとか思うのですが、確かに毎回聞いていることですが、初めて知ることもありました。結構彼は、銘柄に入れ込むんで私からすると、ほれ込みすぎじゃない?とか思うのですが、なぜか外さない強さを持ってます。

私は、会社で技術者やってた時から、常識というのが嫌いでした。

設計とかでも何かをやっちゃいけないとか会社で勤めてるとよくあると思うんですが、正直、そんなんだれが決めたの?とか思ってましたし、相場に関してもそんなんだれが決めたの思ってます。

そういう意味で私は知らない人ですが、高野譲さんのナンピンしてっていうくだりは、好きですね。

確かに、ナンピンはだめだと書いてある本は多いと思います、でも、正直そんなのだれが決めたの?というのは思います。

統計的に優位性がなくても、ゼロということは絶対なくて、その人にしか見えてない部分でゼロでない部分を選択できればそれはプラスになるはずです。

本を読んで勉強するのはいいですが、別にそれに従うから儲けれるわけではなく、常識に外れたとこにも道があるっていることです。

結構だめだと思うこともあって、自分がこうなるはずだと思っててやってなぜかマイナスになるんであればそれはタイミングが悪いか何か間違ってることの示唆だと思ってます。マイナスになるってことはそういうことです。

以上

 

 

 

 

ポジションバランス

こんばんは Gomatarouです

冷静さを欠くと、自分の長所さえも消してしまうことになります。

どうやって儲けているか聞かれることはたびたびありますが、その時答えるのは美しいチャートのものを買えばいいというのが基本線なので正直、入門書に書いてあることしか言ってないわけです。

ただこれは一つの大きな引き出しの一つで買うということに関していえば、何個か引き出しがあります。

自分のトレードスタイルは裁量であることは間違いないのですが、ポジションの持ち方としてはロングショートなのかなと思いました。

いつ買う、いつ空売りするというのとは別に、僕のポートフォリオは1日単位で結構変わりますが、その時思うのが、どの商品を買い、どの商品を売り、その時の全体的なバランス(金額を含め)をどうするかというとこを結構考えてる気がします。

同じ商品でもいつまで売るか、買うかというのも、重要なポイントで、それはこの先のイベントを考えてやるわけです。

私が、やるのは、ドル円、ダウ先、原油、日本株に分かれるわけですが、この4つをどういう組み合わせにするかというのが一つと、個別株でロングショートをどうするかというのが一つという感じでしょうか。

個別株は、新興、大型に分けて考えてる感じです。

リスク管理という言葉で自分の行動を定義したことはないですが、そういうのも自分のやり方の一つなんだと思いました。でも売りと買い両方持ってたら儲かんないんじゃないのと思われるかもしれませんが、適切であればそうでもないんですこれが。

以上

 

 

 

掲載

こんばんは Gomatarouです。

光栄なことに、雑誌に載ることになりました。というか今日発売でした。

http://www.amazon.co.jp/dp/4907592949

6月にやらかしたせいで、3億ないですけどね(笑)。自分のやり方とかをしゃべったものを記者さんが記事にして校正した感じです。それにしても、やっぱプロはうまくまとめるなと思いました。

同じ号に私の友人も載ってます。ハンドルネームは書きませんけど。

こういう雑誌に、一緒に載れるというのも記念ですね。

実は、7/5発売予定のSPAにも載ります。これは上記本とは別経路ですが。

ここら辺は、まじめに話してるのですが、それよりももうすぐWebだけに乗る予定のバカ騒ぎ記事のほうが個人的にはみんなでわいわいやって楽しいですけどね。

以上