トリガーは何か?

こんにちは gomatarouです

ドイツ銀行の件は前に書いた通りで、大統領選含め、不安要素があるもののダウが崩れない時点で、リーマンどうこうというのは無いと思ってます。

 

では10月は安泰なのかと問われれば知りませんとしか答えません。

私は、暴落が起きたとしても対処できるだろうしというのもあります。しかし、もっと単純に見ててダウ先物が18000仮に割ったとした場合、その時の理由が何なのかが最も重要で、それが、ドイツ銀行ということであれば知らないところで、別次元の問題が出てきたということかなと思ってます。

18000割る時の理由には注目してますし、もっと言えば18000割ったという現象のみ注目すれば理由なんてそんなに深く理解する必要も無く、まずは各々の投資スタイルにしたがって、耐えるのか、ポジ調整するのか一考してみればいいと思ってます。

私は、17000近くでは売りしか考えてないですから。。。(状況が変わらない限りは)

以上

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する