キーエンスと三井住友の違い

こんばんは Gomatarouです。

リクルート、キーエンス、三井住友と売出があったわけですが、この中でキーエンスは、値決め後もしくは受け渡し後上だろうなと思って、そういうポジションをとって利益を出せました。

これは、トランプ相場で日経がガンガン上がってた時の売出発表で完全出遅れでしかも短期需給の影響で株価が下げているので日経採用銘柄の値嵩株だしまあ上でしょうという感じでした。

逆に三井住友は、日経平均が上値でもんでる状態なんで、いまいちキーエンスの時のような感覚がなくその後の値動きもパットしないのですぐにつなぎました。これがトランプ相場で上がってる時に発表があって、三菱、みずほが上がってる中で下がるんだったら間違いなく上判断してたでしょうね。出遅れですから。。

以上



上総介氏の投資手法を期間限定で初公開!

250万円で始めて2億円を稼ぎだした人気トレーダー上総介氏の投資手法を動画で初公開しています。期間限定の公開となりますので、お早めにご覧ください。
slide1
【2月7日(木) 18:00 第1回動画公開スタート】
「15分で約27万円の利益をあげた逆張りトレード手法」
1回目の映像では13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 専業投資家の上総介氏が実践している投資方法の中からデイトレードについて 非常に有効な方法を事例や根拠とともに紹介しています。

【2月11日(月) 18:00 第2回動画公開スタート】
「上総介の2%ルールとは?」
2回目の映像では上総介氏がスイングトレードにおける、 損切りやポジションサイジング、また、利益確定の位置などの設定方法を 具体例を用いてお伝えいたします。その他、投資の正しい考え方や、 人間心理の理解についても合わせてお話します。

【2月14日(木) 18:00 第3回動画公開スタート】
「利益を最大化する防御の理論」
3回目の映像では上総介氏が自身のトレードの土台としている 「防御の理論」について、その理論や考え方についてお話します。 この防御の理論は13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 上総介氏の成功の秘訣となっていますので必見です!

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する