アルゴ その2

続きです。

と言っても、嫌な予感がするときがあります。

先ほどの300株の買い板に2000株を空売りして、全約定とか、逆に

300株の売り板に2000株買いを入れて全約定とかすると、あれ??なんか隠れてる???ってなってちょっとやだなと思う時があります。

そうすると、なんか悪い方に進む気がします。これも感覚ですので、全部が全部そうではないと思いますが。

いずれにしても、チャートに現れると思ってます。

以上

アルゴ

こんばんは Gomatarouです。

私もTwitterやってるので、アルゴがどうとかAIがどうとか、時々見ます。

正直言いますと、AIもアルゴもどこで入ってるかよくわかりません(笑)

買い注文入れると、すすっと逃げられるというのもわかりますし、空売りで指値入れるとすすっと下に動くのはさすがにわかります。売り板が300しかないので2000株ぶつけて約定するときもあるしこれも部分注文なんだなというのもわかります。

ただだから何?というのが正直なところです。

たぶん、自分で勝手に微修正してるので、ああここで買い増しするとなんか嫌な感じがすると思ってしないとか… 当初と比べればずいぶん変わっているのかもしれませんが、自分自身は微修正なので何を変えてきたのかもあまりわかってません。

勝てる勝てないってそんな小さなとこ見なきゃいけないのかな?と思います。

一つ、参考になったのは、誰かが、アルゴかなんかの売り板でそれを見抜いて買いでぶつけてアルゴを誤動作させるようなやり方は個人的には好きですが、その勇気が圧倒的に足りてないのと、その板がどれなのかがわからないということでしょうか。アルゴ?AI?を出し抜くというのはありだと思います。

ただ基本トレンドで勝負すれば、そんな気にする必要ないんじゃない?と思ってます。

そもそもその存在にあんまり気づいてないので、最近はこういう値動きおおくなったな~、じゃあこうしよう見たいな感じです。ですので、何にせよ、最終的に値動きとして現れるわけですから、そこに着目してればいいのではないかと思ってます。

以上

 

 

 

日経さすがに弱すぎ

こんばんは Gomatarouです。

ダウと日経の差が、さすがに大きすぎませんか?という気がしてきました。日経動くとき1000円ぐらいさっと動くので、危険なポジは損切りしました。

金曜は先物関連であほな判断ミスをしてしまいましたが、たぶん損切りして正解だったと思います。

損切りが遅れたと感じたのは、2月2回目でしょうか

以上

21000円超え

こんばんは Gomatarouです。

21000円超えてきましたね。だからと言って最初の考えは変わってません。いまはだいぶごまかしながらやってます。

不利なポジションを抱えていても、なんとなくかわしつつタイミングを計りたいなと思ってます。総合的な路線は変わってませんが、今回のように上げられても、売りだけにこだわってマイナスになるということはありません。

随所に買いは入れてます。総合的なプランと短期的なアクションは当然変わります。ごまかすっていうのはそういう意味です。

以上

去年の反省点

こんばんは Gomatarouです。

今年は去年の反省点をちゃんと実行できるようにしないといけないと思ってます。

大負けしたのは、

すべて最初100万ぐらいのそんぎりをためらったことから始まってます。100万をためらったけっか1000万になって損切りというパターンを記憶の範囲で4回はやったと思います。

結局100万ぐらいのそんぎりであれば、2-3日あれば通常のマインドなら取り返せます。

一番は去年4月のルネサスでマイナス2000万おーばーでしょうか。これもちょっと怪しいと思った時点で半分でも決済すればその後の展開は違ったと思います。

9-11月にぶっこいた先物もあっさり損切りすれば、そこまで大きくならなかったはずです。

今年は、現在そこまで大きなマイナスは食らってませんが、冷静にコントロールして、マイナスも先に受け入れて先送りしないようにしたいと思ってます。

以上

2月どうしよう

こんばんは Gomatarouです。

2月は何で稼ごうかと思案してますが、結局、盤面次第となりました。

サンバイオは月曜寄らないぐらで面白さが増すかなと思ってます。

それにしてもREITが強いですね。売れないリートのPO知らずに結構もらっちゃったので、そんな下げずに寄ってもらいたいです。

3455 190口

3471 266口

3282 17口 (つないだ)

ダウは結構分水嶺の水準かと。こっから上行くなら日経の突然の上昇に警戒しなといけないと思ってます。下手につまらないあ空売りで苦しめられないようにしたいところです。

ただ、目線は売りですが、僕は。

以上